ワイン不完全ガイド「シェルブロ」

戦わないワイン商 (株)Sheldlake代表村山による、ワインとかなんかそんな感じのブログ

2018年冬 新入荷ワイン紹介 1 〜自然派ロゼ〜

どうも、中野駅南口のジョン・レノンです。

 

 

 

こんにちは私です代表です村山です。

 

 

 

 

f:id:sheldlake-wine:20180213101643j:plain

※YOGAKU HACK より

 

2/11より期間限定で開店しております「シェルドレイク試飲バー in 中野」。緩やかに頑張っております。

 

昨日「試飲バー」営業中にふらりと来ていただいたお客様に、やたら言われたんですよね。

 

 

いやぁ、ジョン・レノンに貴方似てるわぁ。いやマジで。ジョン・レノンほんと似てるわぁ。

 

 

いや、あの。

 

 

f:id:sheldlake-wine:20180213104115p:plain

 

 

どう考えたって似てないですどうもありがとうございます。

「伝説の男」と「手入れされてない室外機」を比べてどうするんですか。

 

私、LoveもPieceもないしジョン要素ゼロだし事実全く似てないし。エッチなイマジンは得意だというだけで やかましいわ。

  

f:id:sheldlake-wine:20180213104727j:plain

 

「スロバキワイン初めて飲んだ」という方に喜んでいただいております。大変好評なようで、私はとても満足。

天井のシミを見つめるくらいしかやることがない方、ぜひ「シェルドレイク ワイン試飲バー」にお越しくださいませ。

 

  

2018年冬 新入荷ワイン紹介 1 

f:id:sheldlake-wine:20180213150216p:plain

 

さて、 死闘の果てにようやく日本に到着した「新入荷ワイン」と「再入荷ワイン」。

3回に分け、「新入荷ワイン」のご紹介をさせていただきます。

 

まずはこちらのワイナリーから。

 

f:id:sheldlake-wine:20170608152455p:plain

 

Domin & Kušický  ドミン & クシツキー

スロバキア共和国中南部。スロバキアにおいては初となるEUの有機栽培認証を取得した家族経営ワイナリー。その後の国内自然派ワイナリーの道筋を作った。1998年の設立当初から、野生酵母のみによる発酵、補糖・補酸なし、亜硫酸の添加はごく微量に限定、というように、人と環境に寄り添ったワイン造り、そしてテロワールをボトルに込めるワインを造り続けている。 流行りの「ナチュラル味」には目もくれず、あくまで「王道」。そのワインには全て「匠の技」を感じさせる、緻密ながらダイナミックな味わいがある。

 

弊社シェルドレイクでも大人気の、生粋の職人的自然派ワイナリー。

世界的な「ナチュラルワイン」の 流行により、“モードな” 味わいやスタイルが市場を席巻する中、なおも「王道」なスタイルと味わいを突き進むってな生産者。

 

の、新 作 ロ ゼ

 

 

『Dominus Rosé bio 2016』(ドゥミナス・ロゼ ビオ 2016) 

f:id:sheldlake-wine:20180213115655j:plain

 

正直言いますと、楽しみな気持ちと同時に不安も大きくありました。このロゼは特に。

なんでかって、そもそも「ロゼワイン」って皆さんあんまり飲まないんですよね

「注文する選択肢に入ったことない」って方、多いんじゃないですかね?

 

取引させ頂いているお店さんも、皆さん口揃えて言います。

 

ロゼって、出ないんだよなぁ・・・

 

しかしながら、私ロゼものすごく好きなもので。だからこそ、この『Dominus Rosé bio』の輸入を即決しました。

 

そして

 

上記のような不安を、吹き飛ばして無に帰すくらいの力が、このワインには

 

 

『Dominus Rosé bio 2016』テイスティング 

 

-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.- 

 

f:id:sheldlake-wine:20180213132726j:plain

 

【外観】ですが、いわゆる多くの「ロゼ」とはちょっと違うんですよね。なんか、オレンジワインみたいな。たまにロゼを、「赤」「白」と来て “ピンク” と称するところもあるんですが、明らかに違いますもんね。

アンバーといった風合い。この色、もう美味しそうですよね。

 

-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-

 

重要な【香り】。もう最っっ高ですわよ。 

甘く煮たイチゴや、仄かに白桃でしょうか。さらに樹木の表皮のようなニュアンス。

もうずっとクンカクンカしてたい。この香りを染み込ませたティッシュを鼻に突っ込んで生活したい。

 

もっとストレートなロゼの香りかと思ってたんですが、こんな複雑な香りだとは。

 

-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-

 

そして【味わい】。

「甘みのある果実味」と「イキイキとした酸味」のバランスが絶妙。

いよっ、職人っ。

そこに、「やっぱ黒ブドウなんだなぁ」と実感する仄かな苦味。こいつが、優しくまとめ上げてくれてるような印象。

 

口の中に、旨味が ほぁす〜〜ん って広がります。ほぁすぁ〜〜ん って。

 

-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.- 

 

ただ、このロゼワインを飲む際は注意してほしいことがあります。

冷やし過ぎないこと。おじさんとの約束だぞ。 

※『ドゥミナス・ロゼ ビオ 』を飲む際の注意事項

 

ちなみに、【使用品種】が気になる方は以下へレッツゴー。

→※『ドゥミナス・ロゼ 2016』使用品種

 

 

この『ドゥミナス・ロゼ ビオ 2016』をテイスティングして思ったこと。

 

 このワインを

 “ロゼ”ってカテゴリに収めたら

 もったいない

 

本当、これに尽きます。「ロゼ」っていうか、「ワインだ」って。

正直言って、今まで飲んだ“ロゼ”の中ではピカイチです。 もう嬉しくて嬉しくて小躍りしました。大踊りってあるんですか?

 

だからそこね、同時にね、こう思うんです。

 

 

もっといっぱい輸入すればよかったぁぁあああ

 

 

ほんと、自分のビビリ加減に呆れます。

 

 

とはいえ、『Dominus Rosé bio 2016』(ドゥミナス・ロゼ ビオ 2016)。

この「ロゼワイン」の力、ぜひその舌で感じてください。

 

一 飲 の 価 値 あ り 。

 

 

 

お次は、弊社人気No,1ワイナリーから、「ポルトギーザー 新ヴィンテージ」「珠玉のノンフィルター赤」の、至高の赤、二本立て。

 

f:id:sheldlake-wine:20180214104624p:plain

 

続く

 

 -----------------------     

 

 

                ※ 『ドゥミナス・ロゼ 2016』 使用品種

 

以下の3つを使用して造られてます。

 

Hron

Merlot

・Cabernet Sauvignon 

 

皆さんは気にしなくていいんですが、個人的にはびっくりしました。

 

え、メルロ……?

 

って。国際品種なんで、フランスを筆頭にいろんなとこで栽培されますが、スロバキアではメルロ使われないんですよ、あまり。

少なくとも、メルロ100%は見たことありません。補助でたまに見かけるくらいで。

おそらく、100%で使うほどには土壌と気候が合わないということなんでしょう。

 

 Hron(フロン)ってのは、絶対聞いたことないと思います。これ発音めっちゃムズイんですよ。喉を鳴らす感じ。ルロン みたいな。

 

スロバキアで交配された独自品種です。基本的に混醸で使用されます。

「フロン」って名称は、スロバキアで2番目に長〜い「フロン川」から由来したものでしょう。

100%で飲んだことないので、私はイマイチ特性はわかってません。すいません。

 

いつか、スロバキアの白品種・「Devín(デヴィン)」の説明をしたと思うんですが、この品種の由来も、おそらく「Devín城」ということで。

↓↓↓

 

 

 

                 ※『ドゥミナス・ロゼ ビオ 』を飲む際の注意事項

 

ただ、このロゼワインを飲む際は注意してほしいことがあります。

 

冷やし過ぎないでください。

 

ロゼって、お店でよく冷やして出て来たりするんですが、この『ドゥミナス・ロゼ』は冷やしすぎるとその魅力が半減します。

 

私もテイスティングの際に、最初多少冷やし目で飲んだんです。

そのときは

 

 

ふむふむ、こんな感じか。まぁこんなものかな。

 

 

で、しばらくして、酸素に触れ温度が上がったとき

 

 

うんま。なにこれ別物じゃん浴びたい。

 

 

 

なぜそうなるのか、なぜ「供出温度」というものがあるのかに関しては、長くなるのでまた別の機会に書きますが、とにかく

 

「冷やし過ぎない」

 

これが、『ドゥミナス・ロゼ』を楽しむ秘訣です。

 

=・=・=・=・=・=・=・=・=・=
株式会社シェルドレイク 代表 ムラヤマ

ワインのご購入はコチラへ⇒すべて日本初上陸のワインです

Instagram⇒超カッコいいイメージフォト群
Facebook(企業ページ)⇒商品情報などを更新
Facebook(個人)⇒私と、友達に、なってください!
=・=・=・=・=・=・=・=・=・=