読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワイン不完全ガイド「シェルブロ」

戦わないワイン商 (株)Sheldlake代表村山による、ワインとかなんかそんな感じのブログ

ス~っとバレンタイン ~ バレンタインの思い出 2 ~

 

 

  〜 続き 〜

 

 

 

バレンタインと聞いて、思い出される記憶のもう一つが、今度は20歳くらいの頃。


当時、勉強しによく行ってたファミレスがあったんです。
行く時間は、いつも夜中から明け方まで。コーヒー1杯で、大変お世話になってました。


いつものようにそのファミレスで勉強してた、ある日の夜中。

一息入れようと、タバコに火を付けたんです。
当時私、タバコ吸ってたんですが、その日はいつもと違う銘柄でした。たまたまです。売ってなかったとか、そんな理由です。

 


ふ~っと、いつもとは違う風味の煙を吐いて、休憩してたその時

 


スッ て 私の前に 気配を感じて。

 


見上げると、見覚えのない女性が立ってましてね。しかもガン見。


多分、たっぷり5秒は見上げてたと思います、無言で。

すっごい見つめられてたんですけど、私、ぽかんですよ。
今度こそ、本当に、知らない人なんですよ。歳も結構上であろうお姉様だったし。

だからその5秒間くらいで

 

(え…?店員さん…?コーヒーのお替わり入れに来てくれたのかな…?)

 

(え…?最近のファミレスの店員さん私服OKなの…?)

 

(え…?すごい見られてるけど…?何…?新手のカツアゲ…?)

 


など、20パターンくらいの可能性を考えました。

そしたら、「こ れ ど う ぞ」って口元微笑みつつ、スッて袋をテーブルに置きまして。
「あ、はぁ、どうも」とかなんとか言った私を尻目に、「タバコの銘柄、変えたんですね」って言って、自分の席に戻って行く女性。口元に微笑みを残したまま。

 


あっけにとられ、残される私。

 


なんだったんだろ…って不思議に思って、恐る恐る、袋の中を見たら、チョコらしきものが。

そこで気づいたんですよ、「あー、まさか、バレンタインか」って。

 

「え、まじ?知らない人にチョコとかもらっちゃったの?俺?まじで?なになに?すごくね?これすごくね?すご…く……

 



…ん? 

 


あれ?

 


ってか

 

ちょっと待って

 


なんで


いつもと違うタバコだって 知って る の…?



いつも 見て る の …?



初対面 だよ ね …?」

 


ス~~って 背中、冷た〜く

 

 

いやいやいやいやいや

 

 

 

 

もうどっから突っ込めば良いのか、ツッコミどころが星屑のようだよ。

 

 


普段から声かけろよと。掛けられたけども今。

 

 


もっと普通~にさ、こう、「お隣良いですか~」みたいなさ、あるじゃない。

 

「いつもここ座ってますよね~」ってさ。

 

「そうですねぇ。貴女もいつもいらっしゃるんですか?」ってさ。

 

「へ~ご近所なんですね~」ってさ。

 

「よかったら連絡先でも」っっってさ。

 


なんか、そういうの。そういうのよ。

そういうちょっとしたことから始まるサムシングとかアバンチュールとかボンボヤージュとかさ、あるじゃない。

それを、よりによって唐突なチョコて。会話しろよと。
しかも、何さりげなく「いつも見てるぞ」アピール入れてんだよと。余計怖いわ。もうちょいなんかあるだろと。「私メリーさん、貴方のタバコの銘柄だって知ってるの」ってか。

 


その日はもう、そそくさと会計を済ませて、後ろを振り返り振り返り、家路を急ぎました。

 

それ日以降、そのファミレス、行かなくなりましたね。

 

 


あれから十数年、あの人、今なにしてるんだろう。

 


そして、誰を追ってるんだろう。

 

 

毎年バレンタインの時期になると、そんな事を思います。

 

=・=・=・=・=・=・=・=・=・=

株式会社シェルドレイク 代表 ムラヤマ

ワインのご購入はコチラへ

Facebook(企業ページ)

Facebook(個人)

=・=・=・=・=・=・=・=・=・=