ワイン不完全ガイド「シェルブロ」

戦わないワイン商 (株)Sheldlake代表村山による、ワインとかなんかそんな感じのブログ

ほぼ全裸で起業して2年が経ちました

本日は、ここ最近の私の身体の変化についてという、公衆トイレの落書きみたいな内容からお送りします。

 

 

 

こんにちは私です代表です村山です。

 

 

 

最近ね、ついにチャレンジしました プチ断食

 

f:id:sheldlake-wine:20171217131549p:plain

SUPER STREET FIGHTER IV &AE & ULTRA Wikiより 

 

(強制的)断食の効用

ずっと気になっていはいたんですよね、断食。いや、もちろん宗教上の理由じゃなくて。ラマダン的なやつじゃなくて。アッラー的なやつじゃなくて。

なんか、断食って身体にめっちゃいいらしいじゃないですか。曰く、不眠症や冷え性、肩こり腰痛、胃腸のリセットなどなど。

 

私もいい歳のオッサンですし、日々、社会の荒波と人間の欲望の渦に飲まれ、心も体も体内も油に汚れたフライパンみたいになってるわけです。この身をチャレンジ・ジョイしたい。

 

 

3日半ほどプチ断食してたんですが

いやぁ、身体スッキリしましたよ。ちょっと痩せましたしね 。

 

 

 

 

まぁ  あの

 

 

 

 

胃腸炎になってただけなんですけどね。

  

 

↑ なんか私、去年も同じ時期にヤってましたね、胃腸炎的なサムシング。あれはキツかった。

そして今年もまた、同じような症状に。3・4日間、何も口にできませんでした、アクエリアス以外。強制的断食です。

 

 

知ってます? 数日ぶりに普通の食事を口にした時の感覚

 

 

めっっっちゃ ご飯うまい

 

 

病床明け、大手定食屋チェーン・大戸屋さんにて、病人食みたいなヘルシーメニューを注文したんです。これ ↓

f:id:sheldlake-wine:20171217134704j:plain

◆手造り豆腐と野菜のトロトロ煮定食 739円(税込:798円) 大戸屋より

 

大戸屋さん、病人食とか言ってごめんなさい。

 

わんぱく盛りの私、普段はこんな“半分以上は優しさでできている”ようなメニュー見向きもしません。でも、病床明けの弱った胃に、これがめちゃくちゃ美味しい。正直、ちょっと涙ぐみました

 

 

あと、断食明け2日間くらいは白米がやたら美味しく感じます

一口食べる度に、毎回毎回

 

…うん………ま……

 

って声が漏れます。

 

 

私、前にオーストリアの山中で軽く遭難したことあるんですけどね、一人きりで。

 

f:id:sheldlake-wine:20171223232233j:plain

※↑当時の遭難中に撮影。夏の20時半くらい。街灯一つない本当の闇の中を人里探して歩き続けました

 

徒歩で7時間くらいかけて町に下り、深夜ようやくウィーン市内のアパートに到着し、満身創痍の中近所のレストランでようやく口にした温かいスープ。

 

あの時の感動を思い出します。

 

あれはうまかったなぁ。本当に涙出そうになるんですよ、不思議と。

この感動が伝えられないのが悔しい。みんなも今日から断食しなさい。

  

 

私、胃が弱点なんですかね。2年連続となると考えものです。

この胃の防御力が極端に低いステータス。なんとかなりませんでしょうか。

 

  

気がつけばアニバーサリー

唐突に話題変えますけど、弊社シェルドレイクね

 

12月24日で2周年 でした。

 

誰にも知られず、ひっっそりと。

私でさえ気づいてませんでした。去年もそうだったな。

 

 

 

小さな事務所でこれ書きつつ、「ウサギ追いしかの山・コブナ釣りしかの川」に思いを馳せ、遠い目で美しい夕焼けを仰ぎ思っていたこと。

 

f:id:sheldlake-wine:20171226211706j:plain

 

 

 

丸2年 よく潰れなかったなぁ 

 

 

 

感慨もクソもないくらいバタバタしっぱなしのここ数ヶ月でしたが

こう……書いてるとやはり思うことが色々あります。

 

人脈・資金・経験・などなどなどなど…、何ひとつもない、オンラインゲームの初期装備みたいな状態で始めることになったシェルドレイク。 

 

 

f:id:sheldlake-wine:20171227174409j:plain

※画像はイメージです   「病まない無限のBの世界」より

 

 

去年の1周年の時は霧の中を手探りで歩いているようなもので、「来年はもう少し霧も晴れてるかな」って思ってましたが2年目もすごい濃霧でしたどうもありがとうございます。

 

恐る恐る歩いては、突然視界に現れた木にぶつかり

えいっと踏み出せば、足元の根っこにつまずき

獣道をかき分ければ、葉っぱに身体中切り刻まれ

そして先日も大失敗したばかり(前回記事『全身全霊の謝罪 全身全裸の言い訳』参照)。

 

自分が嫌になることの方が遥かに多いかもしれません。

 

 

 

 

この1年で、どのくらい前に進んだんでしょう。

 

 

 ほとんど微動だにしてない気もします。

 

 少しくらい、半歩くらいは進んだ気もします。

 

 今向いてる先が、“前”である自信もありません。

 

 この前進は未来の後退かもしれない、そう思うこともあります。

 

 失敗ばかり、わからないことばかり、迷うことばかり。

 東西南北わからない大海原に投げ出され、漂い続けているような自分。

 

 

でも時折、そんな大海原で「あぁこっちか」と指針のようなものが現れます。月や太陽のように。

 

取引先のお店の方の「これほんとうまいねー」とか

お客さんの「ここではいつもこれ注文しますよ」とか

友人の「売上貢献するぜ」という快活な言葉とか

「本当に美味しかったです」と時折わざわざメールをくださる顔も知らないお客様とか

 

 

不意にそういうものに出くわすと、ちょっぴり一人泣いたりします。キモいとか言わないで。

 

 

そんな言葉や出来事が、いつもご贔屓にしてくださるお客様たちが、大切なメニューに加えてくださっているお店さんたちが、気持ちを支えてくれる人々が、シェルドレイクを生かしているんだと思います。

「頑張るかぁ」って、この身体を動かしてます。

 

 

来年の豊富は色々ありますが、ここでは一つ。

 

「潰さないように 潰れないように」

 

これに尽きますね。

あれ?こんなことばかり言ってる会社からワイン買いたくなくない?

 

 

とはいえ、来年も、新たに美味しいワインを日本に持ってきますよ。

ここだけの話、すでにいくつかのワインとワイナリーは目星つけてます。スロバキアから。

 

 

面白いワイン、美味しいワインをご用命の方、心よりご注文お待ち申し上げます。

 

ご贔屓にしてくださっているみなさま、これからもよろしくお願いします。

 

 

 

シェルドレイクのワインが

あなたの素敵な時間を演出する一助となりますように

 

乾杯

 

f:id:sheldlake-wine:20171229145651j:plain

 

=・=・=・=・=・=・=・=・=・=
株式会社シェルドレイク 代表 ムラヤマ

ワインのご購入はコチラへ⇒すべて日本初上陸のワインです

Instagram⇒超カッコいいイメージフォト群
Facebook(企業ページ)⇒商品情報などを更新
Facebook(個人)⇒私と、友達に、なってください!
=・=・=・=・=・=・=・=・=・=

全身全霊の謝罪 全身全裸の言い訳

f:id:sheldlake-wine:20171217201137p:plain
あのぉ〜

 

 

本日は お日柄も良く お足下の悪い中

このようなネットの片隅にこっそりと佇み、変なワインインポーターによるワインのことあんまり書かないのに「ワインブログ」をたまに謳っては皆様の人生にとり塵の役にも立たない、またインテリジェンスの欠片もない駄文を垂れ流す「シェルブロ」に御アクセスして頂きまして、誠にありがとうございます。

 

私、生まれは大阪、育ちは東京。大阪は住之江区で産湯をつかい、姓は村山、名は佳徳。人呼んで弱小インポーター・シェルドレイク代表のムラヤマと発します。

 

 

 

こんにちは私です代表です村山です。

 

 

 

え〜と

f:id:sheldlake-wine:20171218160231p:plain
 

 

冒頭の、唐突な切り口上から何となくお察し方もいらっしゃるかと存じますが

本日は、正座をしてこれを書いてます。全裸です。反省の意です。

 

 

f:id:sheldlake-wine:20171218160231p:plain


 

あのぉ えっとぉ

 

 

f:id:sheldlake-wine:20171218160231p:plain

 

 

そのぉ

 

 

再入荷ワインと新ワインの輸入、年明けになります大変申し訳ございません

 

f:id:sheldlake-wine:20171218160416p:plain

 

 

 

前回記事にて、再入荷ワインと新ワインを少しご紹介した挙げ句、「年内には間に合うんじゃないかな」的なことブチアゲておきながら、この有様。

 

 

本当に、心から、全身全霊で、全身全裸でごめんなさい。

 

 

既にご予約頂いていた方々には、直接ご連絡さし上げております。

楽しみにしていた方々、もう本当にすみません。輸入が無事終わったら48カ所巡りとかします。全裸でします。これは嘘です。

 

 

 

輸入が延期される大きな要因が一つあります。

しかし、根本的には、ひとえに私の経験不足のせいです。

 

 

 

 

さてと

f:id:sheldlake-wine:20171218162948p:plain

 

よ〜し、言い訳するぞ〜。全身全霊でするぞ〜。

 

 

輸入延期の言い訳

弊社シェルドレイクとしましては、どうしても年内中に人気ワインの再入荷を終えときたかったんです。もちろん、楽しみにしてくださっている方や、予約してくださった方のためにも。

 

でもですね

 

12月じゃないですか。

年末じゃないですか。

 

日本だけではなく、世界中で繁忙期なんですよ。

 

 

繁忙期に起こる現象

f:id:sheldlake-wine:20171218163745j:plain

いいですか、みなさん。目えぐり出してよく読んでくださいね。ここから、言い訳の核に入っていきますからね。 

 

 

旅行の予約するときを思い出してください。

 

5月とか、8月とか、12月とか、連休が絡む日にちで予約しようとすると、宿のお値段上がるじゃないですか。 

あれと同じような現象とお考えください。

 

 

12月ってね、輸送費上がるんです

 

 

もちろん、私も馬鹿じゃありません。ほんのちょっと天然ドジっ子要素があるかもしれませんけど、そこまで馬鹿じゃありません。

 

12月 = 普段より輸入費用上がるのではないか

 

 この予測は立てていました

 

 

さぁいいですか、みなさん。ここが最も大切な部分です、言い訳の。

一言で済みますからね。

 

 

 

 

 

 

 

私 の 予 測 が 甘 過 ぎ ま し た

 

 

繁忙期に跳ね上がる輸送費

輸送毎に、現地(今回はスロバキアワインのみの輸入です)に輸送費用の見積をまずオーダーするんですよ。 

 

 

いやぁ、今回の輸入費用は上がるよなぁさすがに。
でもまぁ上がっても◯◯◯€くらいなもんだろ。 許容範囲。

 

 

↑↑↑↑

こんな風に考えていた秋口頃の自分を力の限りぶっ飛ばしたい本当に。

 

そして間もなく、現地より輸送費の見積がやってきます。

 

 

 〜 以下、見積を見た瞬間の私 〜

 

 

 

…ん……?

あ〜疲れてるのかな。ここんとこハードだったもんなぁ。

(眼鏡フキフキ)

 

 

……

 

 

………んんん……?

あぁ〜〜〜やっぱ疲れてるわぁこれ。ドライアイだわぁドライのアイだわぁこれ。冬場の乾燥は染みるわぁこれ。

(目ゴシゴシ)

 

 

……… 

 

 

……………

…あ…れ……?


ちょ……ちょっと…寝ぼけてるのかな。寝不足気味だったもんなぁ。だって…いくらなんでも…こんなに値上がりするなんて…あり得ないってばHAHAHA…

(顔平手パチンパチン)

 

 

 

… 

 

 

イチ ジュウ ヒャク セン …

 

 

……

 

 

 

 

f:id:sheldlake-wine:20170919192453j:plain

 

 

 

通常時より

 

¥◯00,000くらい 高い

 

 

 

 

どぅえ"え"ぇ"ぇ"ぇ"ぇ"ぇ"ぇ"ぇ"ぇ"え"え"え"え"え"え"ーーーーーーーーー

(PCディスプレイに顔面めり込ませて)

 

 

 

目ん玉飛び出て最寄り駅まで転がって爆散するほどの、衝撃。きっと日◯富士にビール瓶で殴られたより激しいインパクトがあったんじゃないでしょうか。

 

 

ヤバいこれはいくらなんでもヤバい。死んじゃうアタシもシェルドレイクも死んじゃう。会社が爆散して灰燼に帰しちゃう。紅蓮の炎(負債)に焼かれて冥府の底で永久の眠り(倒産)に堕ちちゃう

 

 

すぐさま、現地業者に「ドーユーコトデスか」と聞きます。

 

 

あのねぇにーちゃん。12月は需要が跳ね上がるんだぜ。思うにあんた1月にしといた方が価格も落ち着くし、延期を進めるぜクッチャクッチャ

 

 

 

まず、再入荷ワインに関しては値段決めちゃってるんです。こんな私のミスで値段変えられるわけありません。かといって、元の値段のままこの仕入れ値で売れば、ただでさえ少ない利益率がさらに減りまくります。

 

新入荷のワイン、これは値段がついてないので、まだいいかもしれません。しかしながら、少しでも値段を落として皆様に売りたいという私の思いから真っ向ぶつかります。

 

 

何日も迷いに迷い、考えに考え、そろそろ天国のおばあちゃんが手を振ってるのが見えてきた頃

 

 

……

 

 

 

f:id:sheldlake-wine:20171218160416p:plain

延期させてください!!!!!! 

 

と決心しました。 本当にごめんなさい。

 

 

ひとえに経験不足

きっとね、長くこういうインポートを生業にしている人だったら

 

ったりめーだろ、んなこと。このスカポンタンが

 

って、思ってるはずなんですよ。

でも私、シェルドレイクを立ち上げるまで、ワインはおろか輸入に関わる仕事なんて全くの皆無でこの仕事を始めてます。

 

つまり、完全に経験不足から来る私の「無知と見込みの甘さ」が招いた結果と言えます。

 

 

以上、死に物狂いの言い訳でした。

 

こんな恥ずかし過ぎる失敗、全部つまびらかにしてブログに晒すのもどうかと思ったのですが。謝罪の証というつもりはないのですが、ここは正直に私の恥部を晒させて頂きました。

 

この度は大変申し訳ございませんでした。

 

 

再入荷 / 新ワイン の入荷時期

輸送の高騰が落ち着くのを見計らい、すぐさまゴーサインを出すという不退転の決意を以て注視しております。

 

1月中にはイケたら良いのですが…。高騰が長引けば、もしかしたら2月になるかもしれません。

今回のことで完全にビビってます

 

なので、仏のような、清流のような静かなる心と、生暖かい目を以て、もう少々お待ち頂きたく存じます。

 

f:id:sheldlake-wine:20171220194859p:plain

 

 

 

2017 X'mas ゴリ押しワイン

さて、世間はもうすっかりクリスマスムードですね。

 

クリスマスプレゼントや、お歳暮と思われる贈り物のご注文を数多く頂いております。

我がシェルドレイク。丁寧な梱包を心がけ、張り切って毎日発送しまくってます。全裸で。

 

 

そんな弊社シェルドレイク、今年のクリスマスはコチラの至高の赤ワインをプッシュアップ。

友だちとパーティで、恋人とゆっくり2人で、家族と年の瀬に。

ピノ・ノワールの“王道”、その真髄をお試しあれ。

 

 

良いクリスマスを 乾杯 

 

f:id:sheldlake-wine:20171220194244j:plain

Domin & Kusicky 『ピノ・ノワール ビオ 2011』

 

=・=・=・=・=・=・=・=・=・=
株式会社シェルドレイク 代表 ムラヤマ

ワインのご購入はコチラへ⇒すべて日本初上陸のワインです

Instagram⇒超カッコいいイメージフォト群
Facebook(企業ページ)⇒商品情報などを更新
Facebook(個人)⇒私と、友達に、なってください!
=・=・=・=・=・=・=・=・=・=

容疑者特定と再輸入ワインと新輸入ワインにつきまして

ブログの更新が滞ると

 

 

「死んだのかと思った」

 

 

って連絡してくるの、やめよ? (@知り合い各位)

 

 

 

こんにちは私です代表です村山です。

 

 

 

生きてますよ失礼な。36歳おっさん、しゃかりき頑張っております。

「しゃかりき」って死語感すごいですね。初めて使いました。

 

 

本日は、「容疑者特定」、そして「在庫がなくてさあ大変」、「新ワインが出てきてこんにちは」の3本でお送りします。

 

 

有名人に襲われかけるという栄光(絶望)

先日、大変なことが判明しました。

 

 

 私この夏、銭湯でゲ◯の方に執拗に追いかけ回されたじゃないですか。

 


↑  筋骨隆々な“けものフレンズ”にプチストーキングされるという、どんな夏の怪談話よりも怖いお話です。ストーキングにプチもくそもないんですけど。

 

 

こ の 時 の 容 疑 者(ゲ◯) の 素 性 が 判 明 し ま し た 

  

f:id:sheldlake-wine:20171120210902j:plain

判明した経緯は、ここでは省かせて頂きますが

“その筋”、つまりゲ◯業界の方からの推察、いやむしろ確信的な情報によります。「ゲ ◯ 業 界」ってなんて百鬼夜行な響きなんでしょうか。

 

一言でいえば、か な り の 有 名 人 でした。

 

名前だけなら、私も知ってるくらいの。

 

ここでその名前を挙げるのは、さすがにリテラシー的にもトゥーバッドなので伏せます。だって、ググったらドッサリ検索に引っかかるくらいなんだもん。

 

 

 

 

もしも、願いが叶うのなら、広瀬すずとかに追いかけられたかった。

 

銭湯で、広瀬すずとかに追いかけ回されたかった。

 

そんで、いい加減しつこい彼女を振り返り「ったく、しつけーなぁ」とか言って、「だって、村山さん冷たいんだもん」と伏し目の彼女を「やれやれ」とか言って抱きしめ、結局一緒にお風呂入って、じゃれあって、洗い合って、愛を深めたかった。

そんな人生が良かった。

 

 

 

【 理 想 】

 

↓↓↓

 

 

f:id:sheldlake-wine:20171116150929j:plain

※出典:NIKKEI STYLEより

 

 

 

 

 

【 現 実 】

 

 

↓↓↓

 

 

f:id:sheldlake-wine:20170630155155j:plain

 

 

神は死んだのだ。

 

 

銭湯で有名人(ゲ◯の)に襲われかけるというかなりニッチな体験を経て、酒の場で提供する話のネタが、また一つ私の人生に装填されたわけですが

 

なんだろう、この胸に去来する虚無感。

ここ数日の寒さが、一段と身に凍みます。

 

 

売切れ間近のワインたち

唐突に話変えますけど。あのね、ヤバいんですよ弊社シェルドレイク。

 

 

気がついたら 在 庫 が な い の

 

 

嬉しいことでもあるんですけど、ヤバいんです会社としては。 

最近、次々ワインが売り切れた上に、人気どこのワインも次々足らなくなってきました。

 

(以下、売切れ間近のワインたち↓↓↓)

 

 

ドミン&クシツキー『シャルドネ ビオ 2012』

 

これも

 

f:id:sheldlake-wine:20171120192339j:plain

ドミン&クシツキー『ヴェルシュリースリング 2013』

 

これも

 

f:id:sheldlake-wine:20171120200422j:plain

ドミン&クシツキー『カベルネ・ソーヴィニョン ビオ 2012』

 

 

f:id:sheldlake-wine:20171120192700j:plain

ドミン&クシツキー『ピノ・グリ ビオ 2011』

 

これもこれもこれも

 

f:id:sheldlake-wine:20171120192742j:plain

ゴルグス『ツヴァイゲルト 2015』

 

 

f:id:sheldlake-wine:20171120202949j:plain

ゴルグス『イルサイ・オリヴァー 2016』

ゴルグス『マスカット・モラフスキー 2016』

 

この子らも。そんでダメ押しで

 

f:id:sheldlake-wine:20171120200835j:plain

マグラ『カルボニック 2016』

  

これも 

 

マグラ『ブラウフレンキッシュ 2014』

 

これも 

 

 

これもこれもあれもこれもあれもこれもこっちもそっちもあっちも

 

あ"あ"ー"ー"ー"ー"ー"ー"ー"ー"

 

f:id:sheldlake-wine:20171121182320j:plain

Photo by 鉄パンダ

 

在庫切れ間近になっていたことに、遅れて気付くという失態。

 

もちろん、とっても喜ばしいことなんです。いつも買ってくださる方々、本当にありがとうございます。

でも最初これに気付いたとき、スゥって、背筋冷たくなりました。

 

 

明日、偶然車に轢かれそうな田崎真也を助けて「本当にありがとう。君の輸入するワインをこの私が全力で宣伝するよ」とかあって、もの凄い注文殺到したらどうしよう

 

明日、偶然大企業の社長令嬢とかとバーで隣席して、「貴方、いい目をしてるわね。私の下僕になりなさい。そうしたら貴方の会社のワイン、5,000,000本買ってあげるわ」とかがあって、ものっ凄い注文きたらどうしよう

 

 

とか考えるじゃないですか。

 

妄想はともかくですね、そもそもワインのないワイン屋さんって存在価値ないじゃないですか。

「麺のないラーメン屋さん」とか、「肉のない焼肉屋さん」とか、「スーツのないAOKI」とか、「温泉の枯れた温泉宿」とか。アイデンティティどこに落としてきたの?ってなるじゃないですか。

 

 

ということで

 

 

こいつぁ売れそうだぜクックック(悪人顏)

っていう人気ワインの再入荷

 

個人的に飲みたいんですけど(迫真顔)

っていう新ワインの輸入をすることにしました。

 

 

再入荷ワインのラインナップ

ここ2週間くらい散々迷って迷って迷って、以下のワインを再入荷することにしました。

 

 

f:id:sheldlake-wine:20171121191631j:plain

ドミン&クシツキー『RULANDSKÉ MODRÉ – BIELE BIO 2013(ピノ・ノワール ブラン』(スロバキア)

 ↓

─────-- - -       - - --─────

夏本番を前にすぐ売切れちゃったやつ。『ピノ・ノワールの白』です。

リクエストが最も多かったので、迷わず再輸入です。リクエスト頂いた皆さま、お待たせしました。

 

合わせる料理の幅も広く、ワイン単体としても最高の白ワイン。

─────-- - -       - - --─────

 

 

f:id:sheldlake-wine:20171120192308j:plain

ドミン&クシツキー『シャルドネ ビオ 2012』(スロバキア)

 ↓

─────-- - -       - - --─────

この前売切れた2011ヴィンテージに引き続き、これも大変素晴らしい2012年のシャルドネですぞ。正直どこのシャルドネよりも私は大好き愛してるこれでシャンプーしたい。

そろそろ在庫がなかったのですが、かなり評判が良いので再輸入に加えました。

─────-- - -       - - --─────

 

f:id:sheldlake-wine:20171121183706j:plain

ゴルグス

左:◆『イルサイ・オリヴァー 2016』

右:◆『マスカット・モラフスキー 2016』
↓ 

─────-- - -       - - --─────

これまた最高に“飲めちゃう”白ワイン、の全く異なる個性を持った双頭。姉妹的なイメージを持っております。

これもね、実はぽこぽこ出ている人気者。再輸入ですぞ。

 

ちなみに、「どちらの方が好きか」なんて、私は選べません。そう、まさに「ビアンカを嫁にするか、フローラを嫁にするか」みたいなワインです。伝わってます? 

─────-- - -       - - --─────

 

そして、このワイン。

 

 

f:id:sheldlake-wine:20171120203011j:plain

マグラ 『Frankovka modrá 2014(ブラウフレンキッシュ)』

─────-- - -       - - --─────

去年多めに輸入して、大変好評頂いている赤ワイン。若干玄人向けといった趣ですが、「ワインに飽きた」という人の口をこじ開けて、がぼがぼとこのワインを注ぎ込みたい。そんな最高のワインです。伝わってます?

 

もう在庫あんまりなくて「そろそろなくなっちゃうんだなぁ」とか思ってたら、生産者のMAGULAから鶴の一声。

 

「例のブツ(ブラウフレンキッシュ 2014)だけど、今いい感じに整ってきてんだよね。もうあんまうちにも在庫ないんだけど、どう?」

 

たしかにね、このブラウフレンキッシュは熟成でもうちょい変化するって思い始めてました。

ちゃんとした自然派ワインって「早飲み系」が多いし、このワインの現取扱分でも充分美味しかったのですけどね。この後の変化をもう少しみたいという気持ちもあり、「その話乗った」とばかりに再輸入します。

─────-- - -       - - --─────

 

 

同時に輸入する新ワイン

メインは上述の人気ワインの再輸入ですが、同時に、こっそり新ワインも輸入します

 

まずは、売切れてしまったこの赤ワイン。の、新ヴィンテージ

 

f:id:sheldlake-wine:20170603191208j:plain

※写真は売切れ済の2014ヴィンテージです

 

マグラ 『Portugieser classique 2015(ポルトギーザー)』

 

今まで飲んだ中でも、最高峰のポルトギーザーと断言できる程美味しかったので、2015ヴィンージを迷わず輸入します。

 

結構多めに輸入します。日本ではあまりこのポルトギーザーという品種の赤は見ないので、この機会にどうぞご賞味あれ。

 

 

で、あとは未だシークレットにしておきますが、こんな感じ 。

 

f:id:sheldlake-wine:20171123182430j:plain

 

超少量生産の赤ワイン

◆冬にキリッと飲みたいドライロゼ

 

 

そして、この白ワイン三銃士

f:id:sheldlake-wine:20171123182729j:plain

コチラは、小ロットで “お試し” 的に輸入します。

既に販売しているワインの新ヴィンテージですが、単に私が飲んでみたかったその売行きと評判を見て、来年本格的に輸入するかどうかを判断しようかと思っております。

 

 

 

以上、再輸入ワイン新ワインのライナップ紹介でした。

 

スムーズにことが運べば、トラブルが起きなければ、年内には間に合うかと。それまで、今しばらくお待ち頂きたい所存であります。

お願いだからトラブル起きないで、お願いだから。

 

続報をお待ち頂ければ幸いです。

 

 

 

 

いやぁ、すっかり寒くなって、サンタさんの足音も聞こえてきそうですね。

各位、良い酒でも飲んで、冷えた身体を温めご自愛ください。

 

そんなあなたに。我がシェルドレイク、12月はコチラ。スロバキアの自然派ピノ・ノワールをオススメしております。

 

f:id:sheldlake-wine:20171123183804j:plain

ドミン&クシツキー 『RULANDSKÉ MODRÉ BIO 2011(ピノ・ノワール)』

 

 

ちょっとばたばたし過ぎて、シェルブロが滞り気味ではありますが

 

ちゃんと生きてますからね?

 

=・=・=・=・=・=・=・=・=・=
株式会社シェルドレイク 代表 ムラヤマ

ワインのご購入はコチラへ⇒すべて日本初上陸のワインです

Instagram⇒超カッコいいイメージフォト群
Facebook(企業ページ)⇒商品情報など
Facebook(個人)⇒私と、友達に、なってください///
=・=・=・=・=・=・=・=・=・=

弱小ワインインポーターはインスタグラマーになる夢を見る

みなさん

 

 

グラマって ますか?

 

 

 

こんにちは私です代表です村山です。

 

 

 

 

インスタグラマーになりたい 

  

そう思った時期が、私にもありました嘘ですけど。

 

 

f:id:sheldlake-wine:20170920174349j:plain

 

Instagram、気がついたらSNS一番人気になってましたね。

 

インスタって意外と前からあるんですけど、でも当時はこんなに流行るなんて思ってもみませんでした。

日本でのインスタ隆盛っぷりが顕著になったのは、時期的にFacebookが買収した後からって気がしてますが、本当の火付けって何だったんでしょうね。

 

そんな中。

 

 

迫り来るインスタ包囲網 

f:id:sheldlake-wine:20170917190057p:plain

 

少し前から、特に最近、各所でこう言われるようになりました。

 

「え、インスタやってないの?」

「インスタ絶対やるべきだよ?」

「インスタやらないとか人間性を喪失するよ?」

「インスタやらないとか死ぬべきだよ?」

「インスタやらないとか倒産するよ?」

「インスタやらないとかニャニャーンニャーニャニャny……

以下略

 

 本当にね、コンスタントに言われるので、こう、なんて言うか

 

 迫り来る影のような…

  真綿でじわじわ締められるような…

   井戸からずるずる這い寄る貞子のような…

 

そんな、ちょっとした焦燥感に駆られている、というのが正直なところです。

「あれ?これもしかして、仕事的にもやるべきなやつかな」っていう。

 

 

インスタグラムヘの遠き道のり

私は主に仕事のことと生存確認の機能として、Facebookを多少はいじってます。

ですが、たぶん自分で会社やってなかったら、とっくに放置か削除してます

 

だって、誰が私の日常生活見て喜ぶのでしょう。生みの母でさえ、私の日常生活見たら苦虫噛み潰したような顔するんじゃないでしょうか。

 

※私の日常に関しては↑を読むと早わかりです

  

で、上記のように周りから散々言われてるにも関わらず、なぜ未だにインスタグラムに手を出していないのかって怖いからに決まってるじゃないですか

 

 

1:羨望のラグジュアリー

f:id:sheldlake-wine:20170918182519j:plain

※Ramicaより

 

まず、「インスタグラマー」「インスタ映え」「フォトジェニック」といったモダンワードに代表される、底はかとないオシャレ感、キラキラ感、ラグジュアリー感

 

このイメージ(というか偏見)が、堅く閉ざした鉄扉の如く私の前に立ちはだかり、その一歩を踏み出せずにいることが主要因となります。

 

 

井の頭公園の池の底みたいなドブ感満載の私が、果たして足を踏み入れられる領域なのだろうか。

 

いや、きっと私がインスタに参入したところで、「やだーあの人見て〜wwwプスプスプス」って指を指されるだけなんだ。絶対そうだ、そうに違いない。

 

怖い。うん やめよう

 

こうなるわけです。

 

 

2:戦慄のハッシュタグ

インスタと言えば、「#」(ハッシュタグ)ですよね。

 

f:id:sheldlake-wine:20170918154953p:plain

 

一つの投稿に対し、皆さま沢山の「#」を付けてポストしてますよね。あまりの「#」の乱立っぷりが、時に物々しい剣山のように見えることがあります。

 

でも、この「#」には大きな意味がある。私のような路地裏の換気扇汚れみたいなオッサンにだって、そのくらいはわかります。

 

私の場合、仕事の意味合いゼロでインスタとかほぼやらないでしょうけど、例えば

#ワイン #wine

とか付ければ、その方面の人々の検索に掛かり、同ジャンルの愉快な仲間達が増える可能性が広がるという単純な想定ができます。

 

ペット好きなら

#puppy / #kitten / #ニホンザリガニ

とか

 

銭湯好きなら

#ゲ◯注意 / #貞操死守 / #けものフレンズ

とかになりますよね(記事『銭湯で逃走し貞操を守る昼下がり(悪夢)』を参照)。

 

 

しかしながら

 

 

インスタ独特の「#」の付け方。なんかあるじゃないですか、ちょいちょい見かけるやつ。↓こういうの。

 

#旅行 #ただしお一人様 #でもヤバい楽しい #向かうところ敵なし #でも本当は寂しい #行き着く先は天国か地獄か #人生は素晴らしい

 ↑ それっぽく再現できてる自分に感動してます

 

このような、ワンセンテンスごとにハッシュタグを付けて文章にしてる投稿。ここでは「ハッシュタグ文章類型」と名付けますが、これに困惑してます

 

 

「……そのハッシュタグで検索する人間……いる?」 

 

 

って。

 

でも、きっとこれにも意味があるはずなんです。

 

 

試しに、前回記事『「私」という概念を現世に繋ぎ止める近況報告と売切れ間近のワイン』の中で上げた写真の一つ

 

f:id:sheldlake-wine:20170902170633j:plain

 

↑↑↑この写真をインスタに投稿することを想定し、当時の思いを連想しつつ、上記「ハッシュタグ文章類型」を当てはめてみましょう。

 

 

 

 

 

f:id:sheldlake-wine:20170902170633j:plain#夕暮れ #遠い目 #疲労困憊 #ただし良い景色 #この景色に癒されているんだと必死に自分に言い聞かせる #思い込みだけど #財布落とした #名刺入れ落とした #ワインセラーぶっ壊れた #神は死んだ #かくなる上は #湖 #入水 #餌になるのも悪くない #魚さんご飯だよ #来世に期待

 

 

 

……

 

 

 

 

この世の地獄みたいなインスタになりました

 

ラグジュアリーは、フォトジェニックは、一体どこにいったのでしょう。私のいる世界線には存在しないのでしょうか。仄暗い水の底に沈んでいるのでしょうか。

この投稿を目にした人が鬱になるサブリミナル効果としては抜群です。

 

 

ハードルが高い。怖いよし やめよう

 

こうなるわけです。

 

 

3:空虚な写真群

f:id:sheldlake-wine:20170918160902j:plain

 

インスタに参入するなら、やはりインスタ映えする写真の撮影、及び選別は必須事項です。 

 

・食べ物

・風景

・人物

 

ってのが、主なジャンルになるかと分析します。

 

 

食べもの写真

私、これがなかなか達成出来ません。

 

なぜかって、目の前にご飯やケーキがやってくるじゃないですか。すると

 

 

やっっふ〜〜〜ぃ!!! うんまそう〜 いただきまーーーすハフハフパクパクパク

 

 

料理の撮影とか、頭からぶっ飛んでます

 

いくら前もって「よし、次回のご飯の時こそは…」って心に決めていても、「あっ」って気がついた時にはもう完全に食べかけです。目の前に広がるのは残骸ばかり。

インスタ映えもくそもありません。そんなにひもじいのかよって。

お願い、そんな可哀想な子を見る目で見ないで。

 

食事が来たら、欲望を抑えてまず撮影

 

これを自分に叩き込まねばなりません。

 

 

 風景写真

「インスタに投稿できるイイ感じの写真、何かないかな」

 

と、アルバムから最新の目ぼしい写真を漁ってみますえ 何これ全然面白くないんですけど

  

f:id:sheldlake-wine:20170919184602j:plain

 

f:id:sheldlake-wine:20170919184640j:plain

 

f:id:sheldlake-wine:20170919184715j:plain

 

あと天気すごい悪い。なんか前にも同じこと書いた気がする。何なの?崩壊後の世界?裏世界なの?センスもさることながら、天がまったく味方してない

 

何のために撮ったのでしょうか。ちょっと自分でもキモいです。

これではまったくインスタ映えません。

 

 

人物写真

インスタで人物って言ったら、もう自撮り写真に決まってますよね(偏見)。

インスタグラマーを目指すなら避けては通れません。ここは是非とも押さえておきたいポイントです。

 

最近ネットで見かけたんですよ。「話題のインスタグラマー」って。

 

奇跡のアラフィフ!イケメンすぎる50歳フォトグラファーのインスタグラムが話題♡

 

 

ほえ〜 50歳のイケメンか。女性の言う「イケメン」って、男とまた感覚違うからなぁ。そんなイケメンでもなかったりするn……

 

 

f:id:sheldlake-wine:20170919183603p:plain

 

 

イケメン過ぎるわふざんけんな抱いてください

 

 

インスタで世界中から大人気、Chuando Tanさんって方。脅威の50歳。

 

細胞レベルの敗北を今、実感してます。

 

これはフォトジェニッてますね。この甘いフェイスと肉体美があれば、そりゃ自撮りしてインスタに投稿するのが彼の使命と言って差し支えないでしょう。

女性は当然のことながら、銭湯で私を追いかけ回したゲ◯がもしも彼だったら、私だって道を間違えていた可能性があります。

 

 

ちょっと私も自撮りしてみましょう。ここには私しかいませんし。

 

 

私、自分の顔面が写った写真とか見ると嘔吐するかじんましんが全身に広がる体質なんですけど、インスタって編集とかあるんでしょ?

セピアっぽくしたり白黒にしたりボカしたり。それを使えばまぁイイ感じに見れる自撮りになんじゃn……

 

 

 

 

f:id:sheldlake-wine:20170919192453j:plain

 

いや こ っ わ 。ホラーかな?

 

なに?心霊スポットに写真撮りにきた人?間違えてインカメラにしちゃったの?なんなの?ふざけんな期せずしてホラー画像が撮れたわ。

今アップロードして、「ヒッ…」って声出でた。

 

明るいとこで自撮りをする勇気がどうしても湧かなかったので、「部屋暗くしてボカそう」と考えたのが仇となりました。

 

 

はぁ

 

なんという落差。もうナイアガラの滝も怖くない。

 

 

f:id:sheldlake-wine:20170919193717p:plain

 

やべぇレベルのイケメンですね、この人。本当に同じ人類なのでしょうか。これ3DCGとかじゃないの?

 

 

ちょっと、こう、もうちょい対抗できないものでしょうか私。

やっぱり明るいとこで自撮りするのはキツいんですが。むしろ明るくしたらChuando Tanさんとの落差がより輪郭を帯びるので勘弁してあげたい。

 

あれか、色味かな。色味の編集と、あと角度を変えたら、もうちょいフォトジェニックな自撮りが成立するんじゃないk……

 

 

 

 

 

f:id:sheldlake-wine:20170919195018p:plain

 

 

ブレア・ウィッチ・プロジェクトかな?

 

それとも稲川淳二?稲川淳二なの?変だな?おかしいな?ぞぞぞぞ~って?

 

再び心霊スポットにやって来ました。彼の目の前には、どんな凄惨な光景が広がってるんでしょうか。

 

 

結論として

 

ダメだ。怖い。やめとこう。

 

こうなるわけです。 

 

 

 

 

以上、私には「インスタは時期尚早」という結論に至ったお話でしたが

 

個人のインスタは気が向けばやるかもしれませんが、弊社シェルドレイクとしてのインスタアカウントはそろそろ開始しようかなって思っております

 

 

 ↑このワンセンテンスを言うがために、長ったらしい記事を書いたんですけど、写真だけで伝えるって、本当難しいものですね。

 

 

 

最後に、今一度、インスタを意識した私の全力のフォトジェニックをご披露して、本日は失礼します。

 

みなさま、素敵なインスタライフを。

 

 

 

 

 

 

f:id:sheldlake-wine:20170920172614j:plain

 

 

いやだから こ  っ  わ 

 

 

=・=・=・=・=・=・=・=・=・=
株式会社シェルドレイク 代表 ムラヤマ

ワインのご購入はコチラへ⇒すべて日本初上陸のワインです
Facebook(企業ページ)⇒商品情報などを更新
Facebook(個人)⇒私と、友達に、なってください!
=・=・=・=・=・=・=・=・=・=

「私」という概念を現世に繋ぎ止める近況報告と売切れ間近のワイン

みなさん

 

 

私  生 き て ま す よ ?

 

 

 

こんにちは私です代表です村山です瀕死です。

 

 

 

ブログが滞り、大変恐縮の極み乙女(36歳♂)です。

 

あと、Facebookなんかも投稿してないので、この二つを閉ざしていたということ、それすなわち、この世界に私という存在を認知して頂く術がないということ。

 

そもそも、「私」という存在の可能性は、観察者のいかんに収束していくわけで、観測可能性が皆無ということ、それすなわち、「私」という概念がこの世に存在しないも同値ということ。

 

 

生きてます、私。 ギリギリ。

働いてます、私。 バリバリ。

 

 

その昔、『ギリギリで生きていたいから〜〜 Ah〜〜』と歌い上げてたアイドルがいましたが、私、全然ギリギリで生きていたくない系男子でして。

『キリキリマイ! キリキリマイ!』とかハジけてたバンドもいましたが、キリキリ舞いたくもないんですよ。

 

なのに、どうして。

 

 

生存確認報告2017夏

まずワインですが、ばんばん御売りさせて頂いておりましたよ?働いてましたよ?

倒 産 し て ま せ ん よ ?

 

f:id:sheldlake-wine:20170831154450j:plain

※販売行脚 in 仙台(日帰り)

 

ワイン販売行脚の中、加えて。

 

ちょっと、家庭の事情ってやつがなかなかのウェイトで。まぁ私もいいオッサンですから、こんな歳にもなれば誰しも何かしらありますよね。

 

その流れで、弊社シェルドレイク以外に、さらに実質もう2つの会社を動かさねばならないという、軽くここ焦熱地獄かな?みたいな、聞くからに吐血しそうなアトモスフィーをエンジョイしておりました。

“おりました”っていうか、現在進行形なんですけど。15回は発狂したかな。

 

 

その他、この2ヶ月、なぜ何もご報告ができなかったか。

私に起こった主な出来事を以下にご報告しますね。

 

 

・財布をなくした

・名刺入れをなくした

・事務所のワインセラーぶっ壊れた

 

 

……

 

 

ロスト or デストロイ

 

夏の思い出、ゼロ。

 

大凶と厄年と災厄のスリーカード・一発ツモみたいな、不運の権化みたいな、そんな出来事しか起こっていません。

 

あれ?神様? “不運”の割振り、間違えてない?

「もうええわ、こいつにアンラッキー全振りしたろ」 って面倒くさがってない?もっと人類に等しく割り振ろ?

 

 

まず財布と名刺入れ。

どうせ皆さん「酔っぱらって落としたんだろ」とか思ってるでしょ?

 

どシラフで落としましたよ

 

人間って、常に何かを失いながら生きていく生き物なのかなって。 

結局、届け出もないまま、私の財布と名刺入れは、TOKYOコンクリートジャングルの藻屑と消えました。死にたい。

 

 

そんで事務所のワインセラー。

お店さんから急な注文があった時のために、170本くらいストックできるセラーがあるんですが、これが突然ぶっ飛びました真夏の猛暑の中で

 

「もうやめて!私のライフはゼロよ!」って、さすがに天を仰ぎました。

 

血の気引きましたよ。全部売り物ですもん。非常にセンシティブなワインも沢山ありますからね。

 

f:id:sheldlake-wine:20170831155737p:plain

※秘密のアジトにあるセラーの一つ

 

速攻で部屋のクーラーを最大最強にし、その夜には車で1時間ちょっとの秘密のアジトに緊急避難です。約170本を、一気に。

 

良い夏の思い出になりましたね(血走った目)。

 

f:id:sheldlake-wine:20170902170633j:plain

※秘密のアジト近辺にて

 

 

在庫残り僅かのワインのご報告

と、生存確認がてらの近況報告はこの辺で切り上げて。

 

 

2017夏新ワインの中で、売切れ一番乗りは『ピノ・ノワール ブラン 2013』でした。

大人気・御礼申し上げます。

 

意外でした。私の見込みの甘さ、アメリカのチョコバーのよう。

もっと輸入すれば良かった。私のバカバカバカ。

 

この『ピノ白』ですが、年内中には再入荷したいと思っております。うまくいけば。

また飲みたいとご連絡頂いている方々には特に恐縮ですが、いましばらくお待ち頂きたく。

 

 

そんでね、他にも残り在庫が少ないワインがあります。

まずこの子。

 

f:id:sheldlake-wine:20170606020409j:plain

オレンジウルフ | スロバキア

 

 『オレンジウルフ 2015』。スロバキア自然派生産者MAGULAのオレンジワイン。

ごめんなさい、もうほとんどありません。多分来週には売切れます。

 

 

そんで、同じくMAGULAから、このワイン。 

 

f:id:sheldlake-wine:20170602160311j:plain

カルボニック 2016 | スロバキア

 

『カルボニック 2016』。 こちらも、もうあまり残ってはいないんです。

これら2ワインは、売切れたらもうワイナリーにもございません。

 

 

どちらも、ご興味ある方はお早めにご注文頂ければ幸いです。

タッチの差で売切れたら、ごめんなさい。全裸で謝ります。

 

 

 

さて

 

夏も終わり、秋を意識させる気候になってきましたね。

秋も、酒とご飯が美味しい季節。シェルドレイク、ギリギリのキリキリマイながら頑張ってワイン御売りしていきますぞ。

 

で、今秋イチオシのワイン、あるんですよこれが。

 

f:id:sheldlake-wine:20170603191208j:plain

ポルトギーザー クラシック 2014 | スロバキア

 

密かに人気が出ております。

これ、夏前に仕入れたんですが、実はその時から、

 

「秋に飲みたくなるな、これ」

 

って思っておりました。

こちらも、すでに在庫薄となっておりますので、もしかしたら再入荷するかも。

 

 

それでは皆様、良い秋を。

 

 

 

 

私、生きてますよ?

 

=・=・=・=・=・=・=・=・=・=
株式会社シェルドレイク 代表 ムラヤマ

ワインのご購入はコチラへ⇒すべて日本初上陸のワインです
Facebook(企業ページ)⇒商品情報などを更新
Facebook(個人)⇒私と、友達に、なってください!
=・=・=・=・=・=・=・=・=・=