読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワイン不完全ガイド「シェルブロ」

戦わないワイン商 (株)Sheldlake代表村山による、ワインとかなんかそんな感じのブログ

ワインの成分分析とインボイスとGet Wildと私

皆さん

 

GW、してますか?

 

 

私は今、スピーカーから切なく流れるGet Wildをかけながら、事務所で一人、これを書いてます。

その様、さながらアスファルトタイヤ切りつけながら暗闇走り抜けるがの如く。

 

 

 

 

……

 

 

 

 

泣 き た い

 

 

 

こんにちは私です代表です村山です。

 

どうせみんな、連休とかいうやつ、楽しんでたんだろうなぁ(遠い目)。

 

 

今年も5月になった途端、仄かにネットに出始めた「GWはどこに行く!?」「GW渋滞情報!」「GW穴場スポット10選☆」などの文字列。

あまりに自分の人生に関係なさ過ぎて

 

GW? ガンガンわっしょい(仕事を)のこと?

 

って毎年思ってます。そして今年も。

 

 

 

遅れてます 新入荷ワイン

ご め ん な さ い。色々、本当に色々あって、遅れに遅れています。

新入荷ワインをお待ち頂いてる方々には、大変胸の痛む限りでございます。恋じゃありません。申し訳なさで。

 

f:id:sheldlake-wine:20170404143656j:plain

 

心と体に余裕がないもので、ブログの話題を何にも考えてないのですが私。

今回はちょっと趣向を変えてですね

 

 

言い訳しようかなって

 

 

“色々あって”とか言いましたが、「お酒を輸入する際に私のような小粒大のインポータは一体何をしているのか」の氷山の一角をご紹介することで、「いつの間にか新ワインの輸入が遅れている言い訳になっている」、という高度な技法を使います。と、今決めました。

 

 

皆様が普段お飲みになっている輸入ワインや酒類。それらが日本に入ってくるとき、裏では何が起きているのか。

ちょっとした豆知識とか程度に思っといてください。

 

 

あくまで主旨は言い訳です。

 

 

ワイン輸入には分析が必要です

上記、“色々あって”の主な一つ。それは輸入するワインの分析証関連で問題が出ておりました。

 

もちろん、今回輸入するワインの成分自体には何の問題も有りません。むしろ問題なさ過ぎて輸送中が心配なくらい。

亜硫酸塩(酸化防止剤作用の一つ)の極端に少ないものや、全くの無添加のものが、新入荷のワインに多いってことで、つまり、温度/輸送ダメージが余計心配なんです。

 

ここはかなり気を遣います。輸送中は特に、精神がゴリゴリ削られていきます。つまり今病んでます。ハゲげます。誰か癒してください。私ハゲますから。

 

 

話戻しますが、問題はそれらの書類関連

 

 

↑でもザッッックリ書いてましたが、ワインを輸入するために必要な書類の一つに、各ワインの分析証(明書)ってのがあります。「アナリシス」とか、「VH1」とも呼ばれますね。

例えばこんなの。

 

f:id:sheldlake-wine:20170505175603p:plain

 

ワイン興味ある人も、これは見たことないんじゃないでしょうか。こういうのをほいほい見せる会社も珍しいと思います。この会社の体制が危ぶまれます。こんにちは私です。

 

 

これはスロバキア共和国の分析機関による、とあるワインの分析証(各国で体裁が異なります)。そのワインが生産された各国の分析機関にワインを提出し、主な成分を分析してもらうと。 

 

総アルコール、実アルコール、酸度、糖度、総亜硫酸濃度などなどが、数値で示されてますね。

 

輸入しちゃ(ないし輸出しちゃ)ダメな成分は入ってませんよー

規定の数値を超えてませんよー(超えなきゃいけない数値もあります)」

 

ってのを、自国・相手国、共に証明する必要があるわけです。

 

んで、発行してもらった分析証を、輸入側(日本)は厚生労働省に、輸出側(海外)も各規定の機関に提出する。

 

※ちなみに、分析は海外の現地ではなく、日本の検疫所で行うことも可能だそうです。私の場合は、必ずそのお酒が生産された現地でやってもらっているわけですな

 

 

※注:“分析機関”の落とし穴

 

 

ワイン輸入にはINVOICEが必要です

INVOICE(インボイス)って書類がありましてね。これもまた、分析証と共に必須なものとなります。これを税関に提出します。 

 

 

インヴォイス? 内なる声? 内なる声に耳を傾けるとワインが輸入出来るの?

 

とか、最初思ってました。そのくらい無知でした。あと馬鹿でした。

 

 

要はですね、インボイスって請求書と考えてください。

 

f:id:sheldlake-wine:20170505200957p:plain

 

これが噂のノリ弁ですね。さすがに見せられない部分が多いのは察してください。

ノリ弁状態とはいえ、これをブログにほいほい出すやつもまた珍しいですね。この会社の未来が危ぶまれます。こんにちは私です。

 

 

売り手側が、買い手側に発行するもの(売り手というのは、メーカーと買い手の間に入った輸出者とかシッパーも含めます)。

商品名や生産者、その容量、数量、etc…。そういった貨物の情報が記載されていると同時に、売り手→買い手のいわば「請求書」として、また「納品書」としても機能します。

 

これが私にはなかなかピンと来ませんでした。輸入必要書類の一つが「請求書/納品書」ってのが。

 

 

このインボイスは食品だけではなく、あらゆる貨物貿易における通関手続きには必須って代物です。

 

 

各書類の整合性が大切です 

先程、↑で添付した分析証をズームイン。

 

※分析証

f:id:sheldlake-wine:20170505203300p:plain

 

この分析証が対象としている“貨物名”、それは「Chardonnay 2012」です。そして、生産者名も記載されています。

 

「2012」ってヴィンテージ部分をハイライトしたのには理由があります。

重要だからです

 

 

同じく↑で添付したインボイスをめっちゃカットしてズームイン。

 

※INVOICE

f:id:sheldlake-wine:20170505204118p:plain

 

記載されてますね。「Chardonnay 2012」って。

 

 

整合性」とか偉そうに言いましたけど、簡単な話です。

 

分析証・インボイス。その他にも、必要書類ってのは沢山沢山沢山沢山あるんですが、こういう貨物名表記一つをとっても、すべて一致させる必要があります。

もちろん、実際の商品のラベル表記も同じくです。

つまり

 

「この分析証は、インボイスのこれに該当し、それらはこの商品のことなんだな」

 

と分かるようにしなければならないってことです。

 

インボイスに「Chardonnay 2012」って書いてあるのに、実際のワインのラベルに「Pinot Noir 2012」

 

とか

 

インボイスに「Zweigelt 2015」ってあるのに、その分析証におけるワイン名は「Blauer Zweigelt」

 

になってたりとか

 

こういうことがあると、少なくとも、通関に引っかかったりして無駄な時間をワインに与える可能性がグ〜ンと上がってしまうってわけですな。

 

 

 

「いや当たり前じゃん」

 

って思ったあなた。そう、当たり前の話なんですよ。

 

 

で も ね

 

 

結構起こるんですよね、これが。私の不運を引き寄せるカルマがそうさせているだけかもしれませんけど。

 

 

ワインの分析証が届いたら

 

f:id:sheldlake-wine:20170507171446p:plain

※画像はイメージです、私の

 

分析機関から分析証が上がってくるじゃないですか。提出の前に自分でチェックします、しっかり。

まずは、取扱ワインの成分結果の数値をデータに打ち込んでいきます

 

「このワインの新ヴィンテージ、やっぱり少し糖度低いなぁ」

「酸度良い感じに伸びてるなぁ」

「亜硫酸塩濃度、こんなに低いんだぁ」

 

そんなことを思いながら、日本にワインが到着して試飲するその日を妄想してニヤニヤします。変態です。

 

 

し か し

 

 

例1:ヴィンテージ表記が違う

分析証の、ワイン名の記載をチェックします。

 

 

え…注文したワイン(インボイス)と…ヴィンテージが…違うでござる

 

 

ワインにおいて、ヴィンテージは重要です。だって毎年気候が違うんですから、ブドウのデキが違いますよね。同じ品種でも、ワインの味に変化が生まれます。

 

でも、これは貿易においても同じことです。

ヴィンテージが変われば、全く別のワイン(貨物)と判断されます。言われてみれば、これも当たり前のことですね。

 

 

ここで考えられる犯人は二人。

  

f:id:sheldlake-wine:20170507163759p:plain

 

容疑者1:ワイナリー

「ワイン名間違えて申請しちゃった☆」

 

容疑者2:分析機関

「表記間違えちゃった☆」

 

 

 

 

 

こ〜いつ〜☆おでこツーン

 

 

 

 

こんな感じで、よりによって一番重要なとこでミスが発生することがあります(主にワイナリーで)。

 

表記が各書類で食い違うと、後々大変なことになります。

なので、「こ〜いつ〜可愛いやつめ〜☆」って、丁重に修正をリクエストします。

 

 

例2:そもそも分析機関に提出したワイン間違えた

分析証のワイン名をチェックします。

 

 

え、なんか……ワイン名…全然ちが…

 

 

この事件は難問ですね

 

 

いや犯人明らかだろ

 

 

このようにですね、おっちょこちょいのドジっこ天然ガールばりのミスがワイナリー側に発生したことがあります。

 

そんな時も、焦らず「こ〜いつ〜可愛いやつめ〜☆」って、即座に修正をリクエストします。

 

 

正直、内心は冷や汗かいてます

 

 

番外編:保健の立入検査がワイナリーに入った

食品メーカーなんかは結構あることなんですが、国の保健機関から、立入検査が入ることがあります。事前に「〇〇日くらいに行くよ〜」って連絡が来るらしいです。

あれですよ?なんにも悪いことしてなくても、定期的にやる検査ですよ?

(日本でもありますよね。飲食店なんかでも、保健所から抜き打ちで検査が入ったりします。)

 

 

ここからが問題になるんですが

 

一度この立入検査の予定が入ると、保健検査が終わるまでワイナリーはワインの成分分析を機関にリクエストできないんです。

 

 

ワインを輸入したい。「分析出してくれ」ってリクエスト出しますよね。 

普段なら

 

分析が終わるまでの期間

 

のみですが、このタイミングで、運悪く保健立入り検査の予定が入ってしまうと、結構な時間のロスが生まれます。つまり

 

立入り検査までの期間 分析が終わるまでの期間

 

になるということです。

 

 

言い訳の結論

今回の輸入では、上述「例1」と「番外編」、ダブルで来ました

 

なにこの引きの良さ。Get Wildのイントロが、胸に沁みます。

 

 

 

一番大変なのはお客様の求めるワイン選び 

さて、いかがでしたでしょうか。

 

『“ワインを輸入する際に裏で起こっていること”の豆知識を長々書くことによって、結果、言い訳にしよう』の巻きでした。

 

 

ものすごい簡易的に書いてますが、例えば輸入必要書類ももっと沢山ありますよ?

現地とも、通関士の方とも、連絡を密に取り続けますし。

 

 

 

何より精神的にくるのは、どんなワインを、どのタイミングで、どのくらい輸入すべきか、の決定。

決定したあとも、「本当にこれで良かったんだろうか」っていう自問が止むことはありません。

こうやってきっと、私はハゲていくんです。

 

 

きっと6月初頭には、お客様の元にお届け出来るのではないでしょうか。

それまでの間、大変恐縮ではございますが、もう少々お待ち頂きたく存じます。

 

 

無事ワインが日本に届くまで、Get Wild & Toughの精神で、解けない愛のパズルを抱いて精進します。

 

 

 

※注:“分析機関”の落とし穴

 

「公的な分析機関ならどこでも良い」わけじゃないんですな、これが。あくまでも「日本の厚生労働省で認められている分析機関」である必要があります。

 

ある通関業者さんにお聞きしたエピソードですが、とあるワイン輸入会社さんでこんな大事があったそうです。

 

現地の分析機関がまだワインを分析中、商品となるワインはすでに日本を発っていました。日本にワインが到着する直前、なんとか分析証が発行されました。やったね。一安心です。

さぁ通関・税関手続きしてようやくワインが手元に、という段階で、なんと「これらのワインは一切通すわけにはいかない」と通関で引っかかりました。

そう、提出した分析証は日本の厚生労働省で登録されていない分析機関のものでした。

 

会社は大わらわだったそうで。想像するだけで、私は胃が痛くなります。想像嘔吐しそうです。

結局、新たな機関で分析証が発行されるまで、かなりの時間、温度設定のされてない場所に保管されてしまうことになりました。

 

ワインにダメージを与える可能性が跳ね上がるわけです。ワインは生もの。早く通関その他の手続きを終え、しかるべき場所に運び入れなければいけません。

ものによっては(酸化防止剤がいっぱい入ってるものとか)そのくらいで変化しないでしょうが、例えばいつも弊社が輸入してるようなワインで同じことが起きたと思うと。…ちょっと想像嘔吐してきます。

 

このような問題、実は定期的に起こっているそうです。

これから食品の輸入をする方、いらっしゃいましたら、このような点も事前に要チェックです。お兄さんとの約束だぞ。

 

=・=・=・=・=・=・=・=・=・=
株式会社シェルドレイク 代表 ムラヤマ

ワインのご購入はコチラへ⇒すべて日本初上陸のワインです
Facebook(企業ページ)⇒商品情報などを更新
Facebook(個人)⇒私と、友達に、なってください!
=・=・=・=・=・=・=・=・=・=

ここが変だよワインの世界 〜香りの謎表現編〜

 

近況報告 

 

 

 

3月はきっつかった(白目)主に精神が。

以上

 

 

 

こんにちは私です代表です村山です。

 

 

 

何よりまず、決算。本当ヤメてこれ。

結果と税金が数字として明確に表れる「決算」という銃口を突きつけられ、

 

税務署「おぅ兄ちゃん 持ってんだろ?出せよオラ ガムクッチャクッチャ

 

と迫られるかのような脳内風景に、膝ガクブルの毎日。逃げだしたい、この憎しみと欲望の世界から。

 

 

あと3月の売上。これすごいリアリティ迫るやつ。

なんか、皆さん3月は「ワインという概念」を忘れる魔法にでもかかってるのかな?っていうくらい冷え冷えとした売行きっぷりに、終止田舎の風景を想う遠い目で単独事務所ライフを満喫中。脳内ミュージックは小田和正の『言葉にできない』でお送りしております。

 

 

そして、近日新入荷するワイン

これは頭が痛いというか、ひたすら悩ましい。何を、どれくらい輸入すれば正解なのか。本当にあれで良かったのか。

答えのない問を、ひたすら身の内に問い続ける日々。

 

f:id:sheldlake-wine:20170404143656j:plain

 

新ワインに関しては、今月中旬には発表できるのではないでしょうか。

くれぐれもお楽しみにして頂きたい所存でございます。

 

 

今年も始まるワインの認定お受験

まぁそんな私のくそ面白くもない私生活の一部は、忘却の彼方に投げ捨ててもらって。

 

始まってましたね、ソムリエ / ワインエキスパート認定試験の申込。もうそんな季節なのですなぁ。

今年も多くの方が挑戦するのでしょう。

 


↑こんな、受験生にとって何の役にも立たない駄記事を過去に書いてました。

出会い頭の事故でこのブログに行き合った方。完全に事故とはいえ、健闘をお祈り申し上げます。いや、本当に。

 

 

みんな不安です、2次試験 テイスティング

そんな中。

 

ここ最近何度か、この「ソムリエ/ワインエキスパート認定試験」の受験生とお話をする機会、という私にとっての出会い頭の事故に見舞われてました。 

だって、何一つ有用なアドバイスできませんもの、私。主に精神論を垂れ流すだけのAIと化していました。人に教えるとか、苦手。

 

 

どの方も不安に思ってるのは、やはり主に2次試験。つまりテイスティングのようですね。

f:id:sheldlake-wine:20170404144128p:plain

(2次試験自体がどういったものか気になる方は、↑↑の記事とか、ネットで調べてみてください。面白いですよ、これ本当に)

 

 

んで、出会った受験生の方々は、大抵

 

2次試験のテイスティングってどうやって勉強するんですか?

 

って、純粋な目でおっしゃるのですが、その度に胸が痛みます。いや恋じゃなくて、上述の理由で。 

「どうやって」って言っても、私は今も勉強中のつもりだし、とりあえず

 

ワインに限らず酒の世界は終わりのない旅のようなもの。ワインという自然の恩恵に己の感覚全てを溶け込ませ、大地に想いを馳せ、宇宙と繋がる。それはつまり、自分自身と向き合うことと同じなのさ。要はスクールに通いなさい

↑何の役にも立たないオッサン

 

と、煙に巻くことにしてます。今は反省してます。

 

そう、2次試験のテイスティングに関しては、ワインスクールとかで教えてもらうのが一番ですよ。

むしろ私が通いたかった。そしてワイン的なお友達が欲しかった。

 

 

ネットには「香りの捉え方」とか「ワインの表現例」みたいなのが乱立してます。

試験を受ける人・ワイン愛好家の人が参考になるような、有用な情報をネットに載せている人、ごまんといますので、そちらをご参照下さい。

 

ということで、真面目な話は参考書やプロ講師さんや愛好家の方々にお任せし

 

私はいつものように、「ワインを普段飲まない人」に向けて、何の役にも立たないワインの豆知識書きます。

 

 

ワインの香り界の風神・雷神

レストランのメニューとか、ネットにあるワインの商品情報の欄などなど。

よくあるじゃないですか、テイスティングコメントってやつ。

 

グレープフルーツやライムのような爽やかな〜〜〜〜

 

とか

 

熟したブラックチェリー、杉やナツメグを思わせる〜〜〜

 

とか、あれですあれ。

 

f:id:sheldlake-wine:20170404161007p:plain

 

ほとんどワインを飲まない人からすると、「は?キンモクセイ?」「え?甘草?」とかなるとは思うんですけどね。

 

前提として、表現された“そのもの自体”を知らない場合、実際に手に取り、香りを感じなければわかるわけがありません

私も知らないものは、スーパーに行ったり、お花屋さんに行ったり、スパイスが沢山置いてるお店に行ったりして、実際に色々くんかくんかしてました。

 

で、大体は実際に意識して飲んでみると、「あ〜なるほど」と、イメージが頭の中で繋がるものが多いと感じてます。

 

 

 

しかしながら、そんな中。

 

 

多くの人々を「????」の坩堝にハマらせる、ワインにおける「香りの謎表現」とも言うべき表現語句が存在します。

 

f:id:sheldlake-wine:20170403175159p:plain

 

その中でも、特に有名な面白表現。ワインにおける『香りの謎表現 風神・雷神』と(私だけに)呼ばれる有名なものがあります。

この二つはよく取り上げられてきたものなので、聞いたことのある方も多いのでは。 

 

 

「香りの謎表現」風神

f:id:sheldlake-wine:20170403175310p:plain

 

『濡れた犬』

 

 

結構有名なんですよ、これ。どちらかと言うと、このような専門的な業界自体を揶揄する意味で

 

そのワインを飲む際に、目の前のソムリエさんとか愛好家さんが

 

「〜〜〜。生き生きとした酵母。そして後ろの方に仄かに濡れた犬のような香りも感じられ、このワインに複雑性を付与している」

 

とか言われたら、ワイン楽しむどこじゃないですよね。

 

「今すぐお風呂に入れてあげよ?そしてタオルでよく拭いてあげよ?」

 

って、きっとソワソワします。

 

 

ワインを勉強したい方は、梅雨になったら濡れそぼった犬を探しに町を探索しましょう。見つけたらクンクンしましょう。そしてお風呂に入れてあげましょう。

 

 

「香りの謎表現」雷神 

f:id:sheldlake-wine:20170403182218p:plain

 

 

『猫のおしっこ』

 

 

もう、コメントのしようもないですね。唐突に下ネタかよって。

まぁこれも揶揄の方向で有名です。

 

ちなみに、『猫のおしっこ』をワイン生産のお膝元であるフランス語にすると

 

 

『Pipi de chat ピピ ド シャ

 

 

っていう、絶妙に“おしっこ感”のある響きになります。“ピピ” で、“ドシャっ”ですもん。

なんか、こう、「言語を超えた人間の繋がり」を感じますよね。うん感じませんよね。

 

 

猫を飼っている方は、この表現を理解できるワインに出会う日が来るのかもしれませんよ。私は出会わなくても良いですけど。

 

 

当時困惑した香り表現 〜「◯ーミン」と「不動明王」〜

さて、飲食業界に何の繋がりもなかった私が、独学でワインを勉強していた頃。

 

知識だけでなくテイスティングも学ばねばならんわけです。

ということで、日本ソムリエ協会から送られる教本、その「ワインの香り表現例」のページを初めて開いた時のこと。

 

f:id:sheldlake-wine:20170404150551j:plain

 

こんな感じで、「香り」の表現例が分類ごとにザーッと書いてあるんですよ。

 

この中で、右も左も分からない私を、さらに上も下もわからなくさせた表現語句をご紹介します。

 

 

 

羅列された「香り表現語句」をつらつら眺めます。

 

 

 

〜〜〜 以下、当時の私 〜〜〜〜

 

 

 

「グレープフルーツ」

 

 

うん、あるある

 

 

 

「洋梨」

 

 

ふむふむ、わかる

 

 

 

 

「ブラックベリー」

 

 

うむうむ、なんかわかるわ

 

 

 

 

アカシアの森

 

 

 

 

…… 

 

 

 

 

 

…森……?

 

 

え? 普通に「アカシア」じゃダメなの?「森」じゃなきゃダメ?

 

 

これは最初困惑しましたね。いや、今もわかんないんですけど。

 

むんぁ〜〜〜”って、ものっすごい勢いで強烈にアカシアってるんでしょうか。そんなワインある?

それに私、アカシアが鬱蒼と群生する森とか踏み入れたこともないし、「アカシアの森」がこの世のどこにあるのかも知りません。ハイジとかクララが住んでる辺りかな?それともムーミン谷?ムーミン谷にあるの?

 

f:id:sheldlake-wine:20170404171744p:plain

 

 

※注1「アカシア」

 

 

 

気を取り直して、引き続き表現語句を見ていきます。

 

 

 

「カカオ」

 

 

これわかるわ〜

 

 

 

「杉」

 

 

はいはい。イメージに繋がりますな

 

 

 

 

「ナツメグ」

 

 

あーよくありますな、そのニュアンスのある赤

 

 

 

 

 

『麝香猫(ジャコウネコ)』

 

 

f:id:sheldlake-wine:20170403182953j:plain

 

 

 

 

…………

 

 

 

 

 

 

嗅 ぎ っ て ー ー ー ー

 

 

嗅ぎたい。これは嗅ぎたい。なんとしても嗅ぎたい。むんずと掴み、そのお腹をくんかくんかしたい。きっと「嫌ーーーっ」ってするであろうそのジャコウ猫を押さえつけ、すんはすんはしたい。そして遊び疲れて、一緒にベッドで深い眠りに落ちるんだ。ハァハァ

 

ジャコウ猫をくんかくんかする」という新たな夢が、私のリストに追加された瞬間です。

 

 

「ワインの香り謎表現」の風神・『濡れた犬』

f:id:sheldlake-wine:20170403175310p:plain

 

雷神・『猫のおしっこ』

f:id:sheldlake-wine:20170403182218p:plain

 

とするならば

 

さしずめ『ジャコウ猫』不動明王と言ったところでしょうか。

 

f:id:sheldlake-wine:20170403182704p:plain

 

 

そんなに独特な匂いなんですかね?ジャコウ猫って。シャム猫は?ペルシャ猫は?ベンガル猫は? と、色々気になり始めます。

 

麝香猫が香りに現れているワインをご存知の方、いらっしゃったら是非とも私にご一報下さい。

そして、一緒にジャコウ猫をくんかくんかする妄想を加速させましょう。

 

 

 

 

というわけで、本日はワインにおける「香りの謎表現」界のムーミン、そして不動明王をご紹介しました。

 

 

ね?

 

 

何の参考にもならないでしょ?

 

 

でも真面目な話しちゃうと

 

この世にある様々な果実・草花・樹木・土・鉱物・スパイス・場所・現象などを意識する。それをワインに感じ取る。ワインの魅力がより感じられてくるのももちろんです。

 

でも、香りを感じ取って、意識に浮上したもの。

そこから、忘れていた過去に出会えることがある。同時にその時の情景や感情を思い出す。心が一瞬揺れる。

 

ってことが、時々あります。

飲んでいるその場の状況とか雰囲気で、そのワインの味わいが一層特別に感じることがありますが、こういう時にも、同じようなことが起きます。

 

それもまた、私が挙げたい「ワインの魅力」の一つとして書いておきます。

 

 

 

今の時期は、やっぱりお花見ですなぁ。

桜の樹の下で、ワインで乾杯なんてのも良いんじゃないでしょうか。

 

お花見でワインを楽しむなら、この子がオススメ。という宣伝もさせてください。

 

f:id:sheldlake-wine:20170404174344p:plain

Stiegelmal:Rosé Sparkling 

 

それではみなさま

 

良い春を。 乾杯

 

 

※注1「アカシアの花」

白ワインの香り表現によく出てきます。 

有名どこの品種だと、ソーヴィニョン・ブランとか、リースリングなんかによく見られるかと。シャルドネでも結構ありますな。あとヴィオニエも結構アカシアを感じます。

もちろん、生産国・その年の気候・醸造方法などに左右され、香りが現れているもの/いないもの、強く出るもの/弱いものがありますよ。

 

「アカシア」と聞いて一般的に思い浮かべるのは蜂蜜なんじゃないでしょうか。アカシアの蜂蜜、スーパーでも売ってますね。

やはり「フローラルでほんのり甘さのある香り」というんでしょうか。

 

アカシアがはっきり意識されるワインは、“女性的な可愛らしい”イメージを持ちます。

個人的には、[アカシアが香る=10年前の堀北真希が頭に浮かぶ]と言った感じです。参考にしないでください。

 

そもそもアカシアがよくわからん、という方もいらっしゃるかと思います。私もわかりませんでした。じゃあどうしたかって、花屋で聞いて出してもらい、形状を記憶し、ついでにくんかくんかします。街中でも結構見かけるので、見かける度にくんかくんかしました。

一度意識すると、これを香りに感じるワインが意外と多いことに気付き始めます。

 

=・=・=・=・=・=・=・=・=・=
株式会社シェルドレイク 代表 ムラヤマ

ワインのご購入はコチラへ⇒すべて日本初上陸のワインです
Facebook(企業ページ)⇒商品情報などを更新
Facebook(個人)⇒私と、友達に、なってください!
=・=・=・=・=・=・=・=・=・=